先端産業創造プロジェクト
ナノカーボン分野
医療イノベーション分野
ロボット分野
新エネルギー分野
航空・宇宙分野

先端産業創造プロジェクト

第10回埼玉ロボットビジネス交流会を開催しました

埼玉県では、多様な分野の皆様のビジネス拡大に役立てていただくため、県内外から
ロボット事業に関連する人材、技術、情報の集まる場として、定期的に
「埼玉ロボットビジネス交流会」を開催しています。

このたび第10回埼玉ロボットビジネス交流会を以下のとおり2018年1月31日(水)に
開催することにしました。

今回の講演のテーマは、「ロボットシステムインテグレーター」です。

ロボットの選定からロボット全体の設計、安全に関する設計、周辺機器の設計、
プログラミングまで、ロボットを導入しようとする際に不可欠な
「システムインテグレーター」を知り、あわせてものづくり企業やIT企業の
参入の可能性まで考える内容を予定しております。

また、社外との連携ニーズを持つ3社が登壇し参加者とのマッチングを図る
恒例の「プレゼン×マッチング」も行います。

終了後には懇親会も開催し、新たな人脈づくりのチャンスにもなりますので、
ぜひ御参加ください。

※ 参加申し込みは本ページ1番下の「お申込みはこちら」からお申込みください。
 

1.日時

2018年1月31日(水) 14時00分~17時00分
*終了後18時まで隣の会議室で懇親会を開催します
 

2.場所

新都心ビジネス交流プラザ 4階会議室 
(※JR北与野駅 徒歩1分、JRさいたま新都心駅 徒歩8分)
https://www.pref.saitama.lg.jp/a0803/plaza.html

 

3.参加費

無料
(懇親会は参加費500円いただきます)

 

4.プログラム

第1部  講演

「ロボットシステムインテグレーターの重要性と参入可能性」

講師:ミツイワ株式会社 
    マーケティング本部 スマートファクトリー推進部 
    部長  泉 貴史 氏


【概要】ミツイワ(株)のロボット導入案件をもとに、ロボット
    システムを組み上げるシステムインテグレーターの重要性と
    役割について講演します。また、本年6月に公開となった
    「ロボットシステムインテグレーション導入プロセス標準(RIPS)」の
    有用性やその後の反響等について、最新トピックスを交えながら、
    新規参入の可能性についても説明します。



○第2部  プレゼン×マッチング

ロボット関連事業において、参加の皆様との連携ニーズを持つ
以下の3社が登壇します。

株式会社セック
 http://www.sec.co.jp/

【ご紹介】(株)セックより、屋内自律移動ロボットソフトウェア「Rtino」と、
コンピュータビジョン・AI分野の取組みについて発表します。同社では、
技術及び製品の導入先とともに、お客様の課題に対して一緒に解決できる
パートナーを求めています。


株式会社アドバンスト・メディア
 https://www.advanced-media.co.jp/

【ご紹介】世界トップレベルの音声認識技術AmiVoiceを持つ
(株)アドバンスト・メディアより、音声認識の活用方法に
ついて発表します。AmiVoiceはロボットはもちろんのこと、
業種を問わず多様なサービスへ反映することができます。


株式会社ビコー
 http://biko-gr.com/corporate/

【ご紹介】ビルマネジメント事業へ積極的にロボットシステムを
取り入れる(株)ビコーが、「人とロボットによるハイブリッド清掃システム」
について発表します。同社では、今後さらなる開発を実施するに
あたり、自社の技術課題を解決できるパートナーを求めています。


 

5.問い合わせ

埼玉県産業労働部先端産業課  宮武、宗形
電話:048-830-3737
メール:a3760-04@pref.saitama.lg.jp
 

先端産業創造プロジェクト
ナノカーボン分野
医療イノベーション分野
ロボット分野
新エネルギー分野
航空・宇宙分野