先端産業創造プロジェクト
ナノカーボン分野
医療イノベーション分野
ロボット分野
新エネルギー分野
航空・宇宙分野

先端産業創造プロジェクト

「Japan Robot Week 2018」への出展料、ブース施工費の全額を県が負担します

 今年10月に東京ビッグサイトで開催されるサービスロボットとロボット製造技術の専門展示会「Japan Robot Week 2018」への出展料、ブース施工費の全額を県が負担いたします。
 ぜひ参加について御検討ください。
 

1 事業目的

本事業は、ロボット若しくはロボット関連機器の開発を行う県内企業又はロボット関連技術を持つ県内企業が「Japan Robot Week 2018」(平成30年10月17日~19日開催)に出展するための費用の一部を支援することにより、県内企業の販路拡大による県内のロボット関連産業の振興を図るため実施するものです。

2 対象者

以下のいずれかに該当する者とします。

 (1)ロボット又はロボット関連機器の開発を行う企業のうち、埼玉県内に登記簿上の本店又は主たる事務所を置く企業

 (2)ロボット関連技術を持つ企業のうち、埼玉県内に登記簿上の本店又は主たる事務所を置く企業

 (3)埼玉県産学連携研究開発プロジェクトを実施する(又は過去に実施した)大学・研究機関(同プロジェクトの内容で出展する場合に限る。)

3 支援内容

(1)金額

  本事業採択企業(以下「採択企業」という。)が「Japan Robot Week 2018」に出店するにあたり負担する経費のうち、以下の金額を上限に県が負担します。

  ア 出展料のうち     324,000円 

  イ ブース施工費のうち  79,380円

(2)方法

 3(1)ア及びイの費用については、主催者等が県に請求するため、採択企業はこれを除いた金額について請求を受け請求者(主催者等)に対し直接支払うこととします(1小間かつ追加設備がない場合は負担なし)。

 

採択予定件数

4 採択予定件数

  最大6件

5 募集期間

平成30年5月8日(火)~平成30年5月31日(木)

※5月31日(木)は17時必着とします

6 応募方法

応募書類(「Japan Robot Week 2018」出展支援事業の応募について)に記入・押印の上、郵便(書留に限る)又は直接来庁により提出してください。

7 審査

主に以下の観点により審査を行います。

  ア 出展の目的やターゲットは明確かつ適切か。

  イ 出展することにより見込まれる成果は大きいか。

8 結果

 審査の上、6月中旬に採択又は不採択について申請者に通知します。

9 その他

(1)埼玉県との共同出展という形をとります。

(2)1社で1小間使用できます。ただし、2小間以上使用する場合は追加の費用は全額、採択企業の負担とします。

(3)採択通知を受け取ったあとの出展取り消しは、特段の事情がない限り原則として認めません。なお、県を通じて申込書を主催者に提出した後に出展を取り消した場合は主催者の規定によりキャンセル料が発生しますが、いかなる理由があってもキャンセル料は全額採択企業の負担とします。

10 申し込み先、問い合わせ先

埼玉県産業労働部先端産業課

〒330-9301 さいたま市浦和区高砂3-15-1

電 話:048-830-3737

メール:a3760-04@pref.saitama.lg.jp

先端産業創造プロジェクト
ナノカーボン分野
医療イノベーション分野
ロボット分野
新エネルギー分野
航空・宇宙分野